2017年12月24日

アッシュ13歳の誕生日

2967418.jpg
こんにちは。
アッシュです。
ボクは12月24日に13歳になりました。
でも、今年はカリン姐さんのいない寂しい誕生日です。
生まれて3ヶ月でママのところに来てから、
ずっとカリン姐さんが一緒でした。
いつもカリン姉さんの後をついて歩いて、
何をするのも一緒でした。

conv0008.jpg


カリン姐さんは12月6日に急に具合が悪くなってしまい、
毎日病院へ行って点滴や注射をして頑張っていました。
具合が悪くなってから6日目の夜、
病院から帰ってきたカリン姐さんは、
疲れたのか、僕の胸に顔を埋めて寝てしまいました。
カリン姐さんがこんなことをするのは初めてでした。

いつもボクがカリン姐さんの背中に頭を乗せて甘えていました。

ボクが子犬の頃はカリン姐さんはお母さんのようで、
いつもくっついて守ってもらっていました。
お散歩で大きなワンコに出会った時は、
ボクはカリン姐さんのお腹の下にもぐって隠れました。

ボクは大人になってからも、カリン姐さんにくっついていると安心しました。
ずっとカリン姐さんはボクの前を歩く頼もしい存在でしたが、
最近はたまにボクの背中を枕にして寝ることもあって、
おばあちゃまになったのかなと思っていました。

そしてこの日、
カリン姐さんは子犬のようにボクに寄り添って、
ボクに守られるように寝ていました。
カリン姐さんの暖かさを感じながら、
カリン姐さんがとても弱くなってしまったのを感じていました。

カリン姐さんが具合が悪くなってから、
ボクはなるべく姐さんが寝ているベッドの側にいて
寄り添うようにしていました。
でも、カリン姐さんとこんなにくっ付いたのはこれが最後になりました。

12月18日、カリン姐さんは動かなくなりました。
でもいつと変わらず眠っているみたいだったので、
ボクは「カリン姐さんはここにいるよ!」ってワンワン吠えて
ママに教えました。     ママは泣いていました。

次の日、ママはボクを連れて車で知らない所へ行きました。
そこにはお花に囲まれたカリン姐さんがいました。
それからママは外に出て、夜空に上がる煙をボクに見せて
「カリンはお空に行ったのよ」と言いました。
帰ってきたらカリン姐さんの姿はありませんでした。

でも、ボクにはちゃんとわかっています。
姿は見えなくても、カリン姐さんはママとボクの傍にいるんです。
だからボクはカリン姐さんを探したりはしません。
カリン姐さんはこれからもずっとボクと一緒です。
今日も一緒にボクの誕生日を祝ってくれたと思います。

ママは、
「カリンは頑張って長生きしたね。
 アッシュも頑張って、もっと長生きするんだよ。」
って言います。
ボク、頑張るね。
カリン姐さん見守っててね。












ニックネーム シロップ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4249740
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック